スクリーンショット 2016-08-22 3.58.07

台風9号が近づいています。通勤時間帯などにも直撃しそうで今日は出勤や通学を控えてください、とアナウンスするところも少なく無いでしょう。

ところで、この台風の予想進路はテレビやニュースサイトなどではざっくりとした日本地図上で表示されていますがGoogle Mapsのような詳細な地図の上で表示出来るのはしっていましたか?

その方法をご紹介します。

Googleの台風の検索結果の上記画面からも遷移できるのですが、災害情報に移動し、右上の地図をクリックします。

スクリーンショット 2016-08-22 4.01.27

もしくはこちらのリンクをクリックしてみて下さい。
(Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。)

すると下記のような地図が表示されるので「レイヤ」をクリックします。

スクリーンショット_2016-08-22_4_02_33

次にレイヤの中から「情報を表示」の左をクリックしてチェックを表示させます。

スクリーンショット 2016-08-22 4.03.47

すると細かいジャンルが表示されます。

「地震・津波・気象」の左をクリックします。

スクリーンショット 2016-08-22 4.05.18

さらに「地震・津波・気象」をクリックします。

スクリーンショット 2016-08-22 4.06.23

デフォルトで「気象情報、気象警報・注意報」にチェックが入っておりますが、お好みに合わせてチェックを外すなりしてください。
ここで「台風経路図」にチェック入れます。

すると台風の予想進路図がGoogle Mapsの上で表示されている感じになります。

スクリーンショット 2016-08-22 4.07.50

これを拡大してみると具体的な台風の進路上の場所も地図上でわかってしまいます。例えば横浜の1号線沿いを通っていきますね、とか。

※だからといって、その進路上だから危ない、進路外は危なくない、というものでもないのでなんのメリットもありません。進路から外れていても風雨の影響は受けますからご注意ください。

これを見ると具体的な予想進路が見えてしまうのですが、予想と実績がどれだけずれているかをチェックしてみれば、正確に予想なんてまだまだ難しいんだな、ということもわかるかもしれません。

お試し下さい。

カテゴリー: ライフハック

脇村 隆

プラス・ムーブメント合同会社代表社員。 アジャイルメディア・ネットワーク株式会社にてレビューズを担当。 Web制作会社にてディレクターやプロデューサー、インターネット広告営業などに従事。2012年6月プラス・ムーブメント合同会社を設立、2015年1月よりAMNに入社し兼任。企業とブロガーとのマッチングサイト「レビューズ」を初めとしたブロガー施策などで営業・ブロガー窓口などを担当。 2006年よりブログ「ムジログ」を始め、2012年11月よりAMNパートナーブロガー。ブログでのレビューや仕事なども募集中。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門 」がある。