テックブログ

Gmail(G Suiteメール)ひとつのメールアドレスで受信専用別名メールアドレスを簡単に複数作る方法

投稿日:

gmail

こんなことありませんか?

メールはひとつにまとめたいけど、複数のメールアドレスが必要
でも、メールアドレス作ったり管理するの大変

Gmail(G Suiteメール)を使っていれば、簡単に同じメールアカウントで受信可能な別名メールアドレス(エイリアス)を作ることが出来ます。

例えば弊社の仕事受付用のメールアドレスがあったとしましょう(実際は無いものを例にしています)。

shigoto@plus-movement.jp

このメールアドレスを使っている人が同じアドレスで受信可能な別名メールアドレスを作るにはこうします。

shigoto+betsumei@plus-movement.jp

はい、これだけでOKです。

今後「shigoto+betsumei@plus-movement.jp」宛にメールを送れば「shigoto@plus-movement.jp」の受信トレイに届きます。

どんなときに使う?

さて、この機能を使う場面をご紹介します。

1.ひとつのサービスで複数のアカウントを作成する

例えば、Twitterで複数アカウントを作成するときですね。

同じメールアドレスで登録できないサービスの場合、複数のメールアドレスを上記のような形で作成することが出来ます。つまり、わざわざ新たなメールアドレスを作らなくても、ひとつのメールアドレスで複数の別名メールアドレス(エイリアス)を作成して、複数のアカウント登録が出来るわけです。

当然、複数アカウントの取得を禁止しているサービスもありますので、ご利用には注意してください。

2.メールの検索の補助、振り分け・転送に使う

例えば、楽天とAmazonに登録するメールアドレスを次のようにします。

元のアドレス
shigoto@plus-movement.jp

楽天用
shigoto+rakuten@plus-movement.jp

Amazon用
shigoto+amazon@plus-movement.jp

それぞれのアドレスで楽天とAmazonに登録しておけば、メールの宛先に「+amazon」とついているか「+rakuten」とついているかで、フィルタで振り分けや検索が出来ます。

つまりAmazonで買った履歴とかメールを調べたい時は宛先に「shigoto+amazon@plus-movement.jp」と入っているメールアドレスで検索すれば良いのです。

ECモールによってはショップから直接メールが届くこともあるので、楽天に登録したアドレスかどうかで、楽天で買ったお見せかどうかを見分けることにもつながります。

登録するサービスごとに、気軽に登録アドレスを変えることができるのもひとつのメリットでもあります。
たとえば、請求書関連のアドレスを決めておけば、そのアドレス宛に届くメールは自動的に経理担当者に転送する、といったことも仕掛けやすくなります。

3.社内サービス検証用に

例えば、メールアドレスを登録して使うWebサービスを作っていたとします。

複数のテストユーザーを登録してテストするときも、これだと、わざわざ新規メールアドレスを作る手間も省けますし、自分の受信トレイだけですべてのメールアドレスの受信が出来るので、気軽に複数のテストユーザーを作成して検証できます。

まとめ

サイトによってはこの技が使えなくなっているサイトもありますが、これを活用することによって、メールの処理方法が向上したり、活用方法が変わることも想像出来ます。

また、新規にメールアドレスを作成するほどではないけど簡単に複数のメールアドレスでメールを受信したいときに有効です。
ただし、送信アドレスとしては使えないのでご注意ください。

一度お試しください。

-テックブログ

Copyright© プラス・ムーブメント合同会社 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.