スタッフブログ

もはや3人に1人がLINEニュースで情報収集。新しいメディアのカテゴリーとは

投稿日:

リリース配信でいつもお世話になっているアットプレス社から「サービスの拡充と料金改定のお知らせ」が届きました。

内容は配信サービスに『キュレーション先の特定調査』、掲載結果をグラフで可視化できる『効果分析ツール』を追加しました、というもの。

キュレーションメディアの調査拡充として『キュレーション先の特定調査』
https://www.atpress.ne.jp/pdf/service_change_current161001.pdf

同社の調査によると

「LINEニュース」でニュースを読む人は2012年以前は0人だったのに、2016年は国内スマホユーザーの3人に1人に増加。

WEB記事が「キュレーションされたか」まで把握しないと正しい効果測定ができない時代となりました。

確かにPCで元サイトから読むより、キュレーションメディアをスマホのアプリで読む機会が圧倒的に多いですね。

さらに

近年、キュレーションメディア、バイラルメディア、オウンドメディア等の新しいメディアの括りが生まれ、また各出版社・新聞社も雑誌・新聞のWEB版を運用することが当たり前になったことで、WEBメディアの数は増加しています。

2012年は800メディアだったのに、2016年8月現在で約2倍増加の1500メディア以上だそうです。

書いた記事がキュレーションされればされるほど、読者は幾何級数的に増えるということで、これってちょっとワクワクしません?

このプラス・ムーブメントのブログもキュレーションメディアの対象サイトになるとかならないとか聞いたので、まずはゆるゆる更新を目標にがんばろう!

-スタッフブログ

Copyright© プラス・ムーブメント合同会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.