ライフハック

【ブックレビュー】国語の消化吸収力アップ『国語が得意科目になる「印つけ」読解法』

更新日:

著者の藤岡豪志さんからご献本をいただきました。ありがとうございます!

4799318705

著者の藤岡さんは国語教師歴約30年、大手の進学塾の国語専任教師をされています。難関中学に合格者を出し続けてきた国語力アップのノウハウが1冊にギュッとまとまってます。

受験用のテクニックじゃない、ほんとに力になる国語の勉強法とは?

国語の問題を解くための受験用のテクニックは多々ありますが、文章がラクに読めるようになるためのシンプルなメソッドとして、この「印つけ」をご紹介していきますとのこと。

そしてやる気を高め、国語を好きになってもらいたい、と藤岡さんは言います。

国語ができれば理解も早くなり、他の教科もできるようになる。国語ができないと他の教科もできるようにはならない、というところは長年受験生を見てきた先生の実感がこもっていますね。

はじめに、の「インドニシキヘビ」の例えでシビレた!

インドニシキヘビはワニを丸呑みすると完全に消化するのに1週間かかるけれど、もし丸呑みじゃなく丁寧にかみ砕いていたらもっと早くに消化できたんじゃないか?という疑問からこの本は始まります。

そこから理解力への説明につながるのですが、流れるような展開に(国語の教育本だというのに!)ワクワク感が止まりません。

目次と内容は下記の通りです。

第一章 国語は、生まれつきのセンスではありません!
→ 国語が得意になった子の例を知る

第二章 文章がラクに読めるようになる「印つけ」読解法
→ 文章の読み方を知る

第三章 国語が得意科目になる「印つけ」読解法【実践編】
→ 入試問題が読めるようになる

文章は柔らかく、上品で美しい。小学生に読ませたい日本語です。とても優しく丁寧に説明してくれるので、スラスラとつまづくことなく読み進めていけます。

三章では過去問を解いていくのですが、問題の文章がまたいいんです!久しぶりに論説文を読みましたが、グッと来ましたね。(私がグッと来てもしょうがないのですが…)

1984年の麻布中学校の問題はレベルが高くて読み応え、解きごたえがありました。

うーん………楽しい!!

今後、著者の藤岡さんは東急東横線の元住吉駅前に中学受験国語専門の「ふじおか国語教室」を開かれるそうなので、ご興味を持たれた親御さんはぜひ。

『国語が得意科目になる「印つけ」読解法』
藤岡 豪志( ディスカヴァー・トゥエンティワン)1620円
4799318705

-ライフハック
-,

Copyright© プラス・ムーブメント合同会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.