ライフハック

【ブックレビュー】ダイエットと節約の共通点『その節約はキケンです』

更新日:

祥伝社の萩原貞臣さんからご献本をいただきました。ありがとうございます!

4396615639

著者の風呂内亜矢さんはNHK「あさイチ」や朝日放送「正義のミカタ」ほか新聞、ラジオ、雑誌、Web媒体にも多数寄稿をされているファイナンシャルプランナー。今すぐ役立つお金に関する情報を惜しみなく発信されています。

テレビ番組のレギュラーも持っていらっしゃるので風呂内さんを見たことがある方も多いかもしれません。

節約の本質を見落とすからお金が貯まらない

節約術は誰かにとってものすごく効果的でも自分には向いていないことがあるそうです。著者はダイエットのようにその人に合ったやり方を理解して行動すればよいと言います。気軽にやめてもいいそうです。

目次を見るとわかるのですが、この本はありとあらゆるの節約術を紹介しています。(載せようかと思いましたが多すぎるので止めました。)そして、その節約術の本質とは何か、どのように自分の生活に取り入れたら良いかを解説します。

つまり単一の食品だけを食べるダイエットは逆効果、そればかり節約術で落とし穴にハマらないように、ということです。3000人以上の資産分析をされてきたから説得力がありますね。

目次から見る3項目の「キケン」

■第1章 王道節約術のキケン
この章ではあるあるーと言いたくなる「王道」の節約術について取り上げます。
家計簿、老後資金、住宅ローン、クレジットカード、住居費…。なんとなく雑誌で特集されるようなテーマが多いですね。数字を出して不安を煽りやすいテーマですが風呂内さんは切り口を変えて「こう考えれば安心!」と考え方を指し示します。

■第2章 人気節約術のキケン
この章はテレビで見る節約術が多いです。ふるさと納税、500円玉貯金、100円ショップ、長財布など。テレビで見るということはそれだけ身近ということ。
ですが!この章はちょっとした試算をしたり、儲けのカラクリを知ることで「気軽にできる」の裏側に迫ります。

■第3章 その考え方がキケン
この章は現金の出費かな?ラテ・マネー、借金、底値で買う、宝くじ、ポイントカード、即決など。私は「節約をするより稼げばいい」と考えてましたがこれはキケンとのこと。収入はコントロールできない、努力が直結するのは「支出」を減らすことだけだそうです。うん、一理ありますね…。

自分の節約スタイルを模索する

多数のメディアに出ている風呂内さんだからこそ、どのように節約術が取り上げられるのかを熟知されています。それだけに「本当はこうなんだよ」という気持ちが現れているかのような気もします。

単なるTipsではなく、一歩進んで節約をどのように自分の生活に取り入れるかを考えたい人におすすめの1冊です。

『その節約はキケンです――お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか』
風呂内亜矢( 祥伝社)1404円
4396615639

-ライフハック
-

Copyright© プラス・ムーブメント合同会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.