ライフハック

【ブックレビュー】社内の居心地をよくする極意『伸びる女の社内政治力』

更新日:

著者の関下昌代さんからご献本をいただきました。ありがとうございます!

4865810447

著者の関下さんは30年の会社員生活を経験されたあと、神奈川大学を経て現在は亜細亜大学で講師をされています。(そしてカープを熱烈に愛するカープ女子! )

この本は3月に発売されましたが、GWも終わって会社に戻った新卒女子たち、休暇でリフレッシュしたはずなのに会社に行ったらまたどんよりしている女子たちに読んで欲しくて、ご紹介をします。

会社員の女子が、面白く、長く働くためのコツ

社内政治力というと、すごい人心掌握術でも使うように聞こえますが、つまり職場で賢く生き残るための力のこと。誰とでも上手にコミュニケーションをとって、いきいきと楽しくお仕事をしている女性は魅力的ですよね。

この本には会社という組織の中でどうしたら女性が上司、先輩、同僚たちと円滑な人間関係が築けるかが書いてあります。

関下さんは前書きでこう言います。「身だしなみを整えることで信頼感を高めるとか、チャーミングな笑顔でまわりを明るくするなど、自分をどう演出していくかでチャンスのドアが開く可能性があるのです」

自分のファンを増やしていき、最終的には自分の考え、アイデアを実現してしまう身近な極意とは何でしょうか?

職場の煩わしい人間関係は社内政治力で解決

ここで目次を見てみましょう。

第1章 女にも社内政治力が必要な6つの理由
第2章 会社組織の表と裏を知る方法
第3章 社内に自分の味方をふやす方法
第4章 女を敵に回さず、ソツなく立ち回る方法
第5章 影響力のある女をめざし、一目置かれる方法
第6章 社内政治力で面白く仕事ができ、楽しくなる

それぞれ、関下さんが体験してきたことがエッセイのように書かれています。成功したことだけじゃなくて、残念だったことや失敗したこともたくさん書いてあります。

物事に共感しながら読み進められるところは女性向けですね。モヤモヤした気持ちを吐き出せない女子も「やだー、わかる~!」と給湯室で部署の先輩と話しているようにページをめくれます。

ビジネス書で女子トークって言ったらヘンですが、頼りになる先輩がこっそり相談に乗ってくれた気分に近いかも。

あなたは社内政治力を使ってどうなりたい?

誰かに必要とされる力を身につけたり、責任ある仕事を任されたりするようになったり。これは素晴らしいことです。そうなるためには自分自身がどんな仕事ができるようになりたいか、目標を持つことも重要です。

新人女子たちよ、この本を使い倒して、感じがよくて仕事もできる女になってください。

『伸びる女の社内政治力 ―面白く、長く働くためのコツ』
関下 昌代( さくら舎)1512円
4865810447

-ライフハック
-,

Copyright© プラス・ムーブメント合同会社 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.